水道局が、水道料金により独立採算制で事業運営していることの認知度と基本的には使用量が多くなるほ...

URL: https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/kouhou/pip/opendata/csv/mnzkd26a12_176.csv

水道料金が、基本的には使用量が多くなるほど単価(従量料金)が上がることの認知度について、水道局が水道料金により独立採算制で事業運営していることの認知度別でみた。独立採算制での事業運営を「知っている」人では、使用量が多くなるほど単価(従量料金)が上がることを「知っている」と回答した人が86.5%、「聞いたことがある程度」を合わせた《認知度》は95.6%と非常に高い。一方、独立採算制を「知らない」人で従量料金制を「知っている」人は49.8%、「聞いたことがある程度」を合わせても66.0%に止まっており、大きな差がみられる。

埋めこみ

現在、このリソースビューは表示できません 詳細情報の表示

リソースをダウンロード

※プレビューに表示される値は実際のデータが保持する値とは異なる場合があります。実際の値はダウンロードした上でご確認ください。

追加情報

項目 内容
最終更新 2019年2月19日
作成日 2019年2月19日
データ形式 CSV
ライセンス クリエイティブ・コモンズ 表示(CC BY)