② 震災等に備えた「飲料水」の確保状況(複数回答)(属性別)<図表2-4-8>

URL: https://www.waterworks.metro.tokyo.jp/kouhou/pip/opendata/csv/mnzkd26a09_119.csv

年齢別では、「ボトルウォーターや災害用飲料水を購入し、備蓄している」は、40~49歳(73.2%)で最も高く、次いで30~39歳(72.0%)、50~59歳(71.0%)となっている。「水道水をポリタンクやペットボトルの容器等にくみ置きしている」は、年齢が上がるにつれ割合が高くなっている。一方、「確保していない」は、29歳以下(31.6%)で最も高くなっている。

埋めこみ

現在、このリソースビューは表示できません 詳細情報の表示

リソースをダウンロード

※プレビューに表示される値は実際のデータが保持する値とは異なる場合があります。実際の値はダウンロードした上でご確認ください。

追加情報

項目 内容
最終更新 2019年2月19日
作成日 2019年2月19日
データ形式 CSV
ライセンス クリエイティブ・コモンズ 表示(CC BY)